日向で合氣道             

+



        

                                                     合氣道轟道場

                                                                                                             合氣道轟道場(フェイスブック)

    

            争うことが目的なら道場に来る必要はない。

                  

                      まず、相手を動かす、倒すことではないことに目覚めること。

                                触れた時には、終わっていること。                                                                        

              その後の技巧を探求する限り、闘争の世界にいる。

              「動かす意思が無いと動かない。」その思い込みから抜け出ること。

              そもそも、「結び」が合氣道。動かすことではない。

               開祖植芝盛平翁の「合氣道の精神」を目標とすること。

               このことを軽視せず、よく考えること。

               体力が必要であれば、体力のない者は、出来ない。

               できていないこと。できないことに気が付くこと。

               出来上がったと思っている者に教えられる者は気の毒である。 

               体力を頼らない。闘争の技ではない。

               解ろうとする意思が無ければ、解るときは来ない。

               触れた方が崩れるもの。倒す技巧を求めてはいけない。

              

               駒が将棋盤に触れたとき、終わったことを誰もが知っている。

                どこに指すかは、盤に触れる前に、終わっている。

               二の矢を継いで、動かす稽古をしてはいけない。  2017.12.18

                             


                                武人は、人に弱くとも、己には絶対に克て。
                                人に強くして、己に弱き武人は、四足のとりこである。  

                                                                                       開祖植芝盛平翁   


 

                 技の形が変わらないのは、精神が変わらない証し。

                                形に囚われているから、精神に気が向かない。 

                                倒す稽古に疑問を持たず、倒す技巧に終始する。                                                                     

                   

                                      

                 スポーツは、相手に勝つために、努力する。 

                  「武道」を口にする人のほとんどの信念は、これである。

                   合氣道は、相手を倒すことではなく、結ぶことである。                                                 

                 相手を動かす稽古、投げる稽古。それは、合氣道の心ではない。

                指導する者の技を効かせる探求心そのことが、災いしている。  

               合氣道は、武道=武術と考えてはいけない。                                                                                                           

                                             

                         心の問題  体力や運動経験は、必要ありません。

                  娯楽ではありません。今から始められます。

                   他人と競う内容ではありません、          

                   社会人以上で、  男女  ・  年齢は、問いません。

                  闘争術 や 護身術ではありません。   

                

                                第54回 合氣道呼吸力研修会

                                平成30年1月

               

               

                    

                   参加は、事前にメールで、お申込み下さい。

                      E-mail ewsn@train.ocn.ne.jp 

   


                    平成29年8月11日 合氣道轟道場設立満4周年
    

                       毎日稽古してます。

                 連絡先  平日 午後4時まで 0982-52-7574


                   

             

                  宮崎県日向市亀崎2丁目               

                 ①合氣道の精神         稽古           ③ 問い合わせ

              ④旅行               ⑤写真           ⑥道場心得         

                           


                                  


                                   AIKIDO TODOROKI  DOJO   


                      魂の世界を求める。 

   


                                「力を抜いて、持ってくる。触れた後から結ぶ技巧。」                                               

                   残念ながら、25年前の説明である。                                                              

                   相手を倒すことを目標にした体的な稽古。技を効かせる稽古。                                          

                    体操の種目「床」は、4回ひねり。3回ひねりではない。                                                  
                    相手を動かす技巧に囚われた闘争の技巧。                                                    

                      相手に勝つためには、努力を要する。 

                     精神的に、そして肉体的に。闘争の心は、楽ではない。 

                    合氣道の稽古は、闘争心を無くすることだから、楽でなければならない。

                  力みや技巧は、楽ではいられない。                                                              

                  「心の世界」が問題である。早く、気が付かなければ、相変わらず

                  若い頃の二回ひねりに磨きをかける。                                                                

                   合氣道は、娯楽ではできない。                

                     合氣道と言いながら、他と何が違うのか。   

                    疑問すら湧かない、そのことを疑問に思う。    2017.8.11

            

                     合氣は、愛なり。闘争心を無くすることである。

                                相手に技を効かせようと思うから、勝とうとするから力が湧き出て来る。

                    相手と結ぶこと、まかせることを考えているのならば、

                  工夫は余計なことである。闘争心が、窮屈にさせている。

                  楽な気持ちで、手を取られているのか自分に問うことである。


                                 体的に力を抜くことは、自分の邪気を抜き去ること。心が先である。

                  力を抜いて、技を効かせる程度のことではない。 

                  心の世界だと悟ったら、そのようなことは、今迄の経過と比較した場合

                  大した問題ではない。ただ、脱力すらできない者が、口にすることでもない。 

  

                                合氣道を形を示して説明しようとすることは、実は、解っていないことの証明である。

                  心の問題であることにたどり着くと、「これが透明人間です。」と説明しているように見える。                           

                 合氣道に闘争の武道を持ち込んだ場合、「我流の合氣道」と付け加えること。


                                「重量挙げ」

                                そのバーベルを上げられるか否か、本人は、触れた瞬間に判るのだろう。

                                体力・腕力以外のものも、重要なこと。実は、触れる前には、判断が付いていると思われる。                                                        

                                合氣道の稽古で、手を触れている後の説明は、相手を動かす説明。「技を効かせる技巧」「闘争心の養成」

                     合氣は、愛。結びが、どうして破壊の方向に進むのか。

                    合氣道開祖植芝盛平翁先生の「合氣道の精神」を探求しないからである。

                    指導する者が、我流あるいは、若い時にやっていたやり方に疑問を持たず、精神的に変化しない、成長しな

                   いままに、形の技に陥っているからである。心の問題だと認識できていない。

                     「結び」を言葉にした端から、そのことは消えて、相手を動かす方法に終始している。

                   立ち止まって、よく考えることが必要です。   

                                                                    2017..5.21


                                稽古の中で、体の使い方に執着している限り、相手を倒す技巧を探っている。闘争の世界である。 
                                脱力を試みる中で「闘争の武道」が妨げになっていることに気が付く。

                                ハズである。 技を効かせるための脱力ではない。この辺りから「武道」の信念が、この先を閉ざしてしまう。

                                開祖の精神「合氣は、愛なり。」である。勇ましさを合氣道に求めて、他の闘争術を持ち込む。

                               娯楽では、仕方ない。                                          2017.5.5



                                放たれた矢をコントロールすることは、出来もしない技巧の稽古と似ている。

                    「和合」とは程遠い、「如何に相手を動かすか」を指導し、指導を受ける。

                    「結び」は、触れたときには、終わっていなければいけない。動かす努力をしてはいけない。

                   触れられて、説明しているその内容は、相手を動かす技巧にすぎない。

                   若い時の未熟な合氣道観で、30年前の技を指導する我流の合氣道愛好家。

                   合氣道開祖の「合氣道の精神」を目標に稽古することは、合氣道を稽古する者にとっては、当然のことである。

                   我流を指導することは、精神を捻じ曲げている。相手を倒す武道ではないことに気が付くべきである。         2017.1.28



                                定年退職前後の方、合氣道を「合氣道轟道場」で始めませんか!!  

                                相手と争うものではありません。                      

                                相手に勝つとか、負けないなどと、闘争心を養うものではありません。                                                                        

                                肉体的な力を抜くことで、自己を確認することが稽古です。       

                                技を効かせる為に脱力するのではありません。  

                                自分が努力して、相手を倒す、動かすことではありません。                                                                                                 

                                勇ましさが邪魔をします。                                                                                                         

                                誰でもできます。肉体的な稽古ではありません。精神的なことが成すことです。                                                                                                  

                                運動経験や力強さが勝っている間は、闘争術です。体力を頼りません。                          

   

                                「体力を使わないで、それが出来るのか」

                      「技を効かせることが、目標となっていないか」

                                   

                                結局、相手を動かす、倒すことを目的とした技巧は、自らの体力を使っている。                                  

                         触れる瞬間よりも以前の心の問題であり、おそらく弓道の矢を放つ以前の心と同じであろう。 

                                的に当てようとする心と技を掛けようとする心は共に、高いレベルにはない。                                      

                         体的なこと・・・触れた相手が、自壊するもの。動かして動くものは、体力。                                                                        

                     「しっかり取ること。」は、体力を使うことではない。

                

                          「力は要らない。むしろ馬鹿力が災いするから誰にでもできる。」と思っていましたが 

                        闘争心を無くすことを了解して努力する人でなければ、出来ないこと。

                      それが簡単ではないこと抵抗を感じるようです。

                        積極的に会員募集することに意味はないと思うようになっています。

                        恰好ばかりで、精神的なものを求めない合氣道もどきの稽古では仕方がない。

                     

   
                               「闘争心を無くすこと。」それを了解しない限り、合氣道に進まない。                                  

    


                  第53回合氣道呼吸力研修会

                    平成29年12月3日 日曜日 

                午前10時30分から午後1時

           会場  熊本                                                                        

                         

                       

                      合氣道の所属・経験・年齢・男女を問いません。                                               

                      E-mail    ewsn@train.ocn.ne.jp


                                「 一般に行われている合氣道で、愛を解く人はほとんどいない。なぜいないか、それは言行が伴わないからである。」

                                「合氣道轟道場」は、誰でもできます。

                    今まで何もしてこなかったのでしたら、なおのことすぐに判るはずもありませんが、

                     誰も同じです。 簡単に判るものではありません。「簡単」なら誰でも判ります。

                   今さら、その歳で、痛い思いをする必要がありますか。勇ましいことに関心を持ちますか。

              

                                空手を始めようとする人は、相当の覚悟をして入門するのでしょう。 

                       合氣道はどうでしょう。肉体的には、痛みも苦しさもない。     

                        闘争術ではないので、痛みはないのですが、辛抱と信念は、当然必要です。       

                     やかんたぎり、三日坊主には、ぴったりなのでしょうか。

                                

                 

                                    (子供の募集はしていません。)

                   「賄い食」・・・ 「我流の合氣道」ではなく、                                                      

                                                           合氣道開祖植芝盛平翁先生の「合氣道の精神」を目標に稽古します。                                        

                                 

                               「和合」と言いながら、いかに倒すかの稽古と説明。

                                  

                           試合は、ありません。

                 争わないことを稽古します。

                 派手さはありません。地道です。

                 他人との競争はありません。

                 自慢の体力は、必要ありません。

                    稽古したら誰でもできます。
                    精神的なことが成すこと。    
                 型・形に囚われないこと。                                                

                  呼吸が変わらないこと。

                 子供の募集はしていません。    


                                      天下無敵とは、愛の心である
                       

                                       天下に敵はない。

     

                                          合氣とは、愛なり


                                合氣道の創始者植芝盛平翁は、その遺訓の中で、「合氣とは愛なり」と言っておられる。

                                合氣道は体技であるからこの愛という心の世界をどう体現するか、ということになると難しい問題である。 
                                一般に行われている合氣道で、愛を解く人はほとんどいない。なぜいないか、
それは言行が伴わないからである。
                                愛を口で解いても、それを現実の技の中に表すことが出来なければおかしなことになるからである。合氣道の難し

                                さはそこにあると思うのである。                                                                                                              
                                創始者の遺訓が、あまりにも偉大であるために、弟子の者どもが、それについ
ていけないというのが現状であろう。

                    いや、ついていけないのではなくて、ついていこうと努力しないというのが、本 当であるかもしれない。               

                                                                           

                                                            「合氣道 悟道」 砂泊諴秀先生著

                                                         

                                                                     

   

i                           如何に相手を倒すかを工夫している間は、

                         如何に技を効かせる技巧を身に着けるかを稽古をしている間は、

                          肉体の使い方に執着する稽古に終始する。

                           合氣道の開祖は植芝盛平翁先生である。中二階の道場長ではない。


                      「賄い食」のような稽古が、開祖の精神をないがしろにする。

                         我流の合氣道ではなく、合氣道の精神を目標にしっかりした稽古をするべきである。

         

                                     

                                   

 
                                合氣道をはじめませんか。

                                合氣道轟道場に入門しませんか

                                闘争術ではないことを理解すること。

                                腕力を使わないことを徹底的に稽古します。

                                脱力の練習をします。

                                肉体的な練習では、脱力はできません。

                                闘争心がある限り、体力が現れます。

                                体力が出てこない為には、何をしたらよいか。

                                「心が問題であること」を確信すること。

                                恰好ばかりの勇ましいことを繰り返していませんか。

                                 脱力の稽古は、精神的に自分自身を鍛えます。 

                                 技を利かせるために脱力するのではないこと。 

                                 体力が邪魔をしていることが解るといろいろ見えてきます。

  

                                     開祖植芝盛平翁先生の「合氣道の精神」を目標に稽古します

                                     肉体的なことではなく、精神的なことを主に稽古すること。

                                     このことを理解すること。

                                     触れてきた相手が自壊作用で崩れること。感じること。

                                     技巧や勢いで相手を崩している間は、闘争心の現れです。

                           

 

                                     その技に誤魔化しはありませんか?

                                     稽古をしたら、誰でもできますか?

    

                                     相手を倒すための稽古。

                                     技 (我)を利かせるための稽古。

                                     演武のためだけの稽古。

                                     形を覚えるだけの稽古。

                                     力任せの稽古。

                                     効かない稽古。


                               

                                    「武道、武道」と柔らかな心を受け入れないその心が、脱力を妨げます。

                                     脱力の努力をしない、脱力できない。

                                     だから、心の世界が見えない。

                                     技を利かせる技巧が脱力ではありません。

                                     脱力の目的がその程度である場合、脱力の域ではない。  

                                     「武道」の位置付けが、護身術や闘争の域にあるから、体力が必要となる。

  

                             入門について

                                     ある程度、心構えが大事です。これから始めようと思ったのですから少しは、

                                     自身の根性を見たらどうでしょう。すぐに合氣道が判るはずもありません。

                                     心の問題は、自分が変わろうと意識しなければ変わりません。

                                     変わらないと前に進みません。

                                     自分の考えを一ミリも譲らなければ、稽古に意味がありません。  

              

                   一緒に頑張りませんか。

                        

                    

                                             今迄の武道と合氣道とは違う

 


                                                  
        


                       

           本部道場     合氣道轟道場        

               支部道場     島原道場        有馬道場                  長崎道場

         


                                                       

                                     

           

                  万生館合氣道会長中島好章先生書               



                                     合氣道開祖植芝盛平翁のお言葉の中から、これこそ誰にでも理解できる合氣道の精神ではないかと、                               
                                     撰び出して掲げたのが、万生館合氣道の各道場で「合氣道の精神」として唱和しているお言葉である。                              

                  万生館合氣道館長砂泊諴秀先生  「合氣道 悟道」より                                              


                               

              


                                     国内外の合氣道をしている方、一緒に稽古しませんか!!

                            合氣道の所属を問いません

                                     E-mali    ewsn@train.ocn.ne.jp


                                     力を頼る、力の弱い人は、相手に触れられた瞬間に、動きを封じられます。

                                     そのことを見過ごさない稽古をします。簡単に動かないことを隠した技の                    

                                     稽古に疑問を持ったときからが稽古です。                                                        

                                     形が合氣道ではないと誰でも考えているのですから、もう少し精神を探求                           

                                   する稽古に目を向けて、合氣道観を変えませんか。指導者自身が考えを                                

                                    変えると、今の合氣道が変わっていくでしょう。変える努力をしない限り、                                     

                                     出来上がった我流を合氣道として指導していくでしょう。                                            


                                    宮崎県日向市              ( 学生以上) 社会人の合氣道                                                        


                             稽古のときの長い話そのことが、稽古だと気が付かなかった者は、体技                                       

                                  だけの稽古を続けている。10年前と同じことをしている。10年後も同じ

                              ことをしているでしょう。

                              考え方を変えなければ、向上はない。ぬるま湯に浸っている。

                              体力がなければ効かない技は、誰でもができるものではない。.

                              指導する者は、他人を巻き込むことの責任を考える必要がある。

                 

     


                              掴まれたら、動けないことを全く無視した稽古

                             形を覚える稽古  ・  演武のための合気道  

                              体力を頼った稽古に疑問を感じませんか?                                                                                                                       

                              体力があっても止められた稽古に目を背ける。自分で理解できないこと、

                              自分が体現できないことは、認めようとしない。否定する。

                  


                              「型はない。魂だ。」 と自覚できた時からが合氣道。

                            体的な稽古は、従であることを云えない指導者の合氣道は演武や型で終始する。

                             それでも、体力のない者が、ついてこれていないことに気が付いていない。 

                              闘争心を無くすことが合氣道であることを自覚できていない指導者のもとでは、

                              「武道だから」と決めつけ、探求をしない。武道と名が付けば、同じなのだろう。

                              合氣道の探求に終わりはない。

                              特に指導者は、稽古の内容、量が要求される。出来上がったと思っている指導者の罪は深い。

                             疑問を持ちながら付き合う稽古の時間のなんともったいないことか。                                                                                          

                             開祖植芝盛平翁の合氣道の精神を目標にしない稽古を合氣道とは言わない。

                                  

        


                    定年を迎えたら、何かを始めよう。などと、それは呑気なことです。                                                                                            

                    曜日の感覚も失せるようです。定年後の気力減退をそのとき感じないため

                    定年前に何か始めた方がよさそうです。

                    今迄、何もしてこなかったのは、忙しさの為だけではないでしょう。

                    何もしてこなかった人は、これから何かを始められると簡単に考えない方が

                    よさそうです。今から始めませんか!!

                     合氣道に、老人の体力・運動神経は、必要ありませんが、気力は、必要です。 


                                   

                                    

        

            

                  

                  

                 合氣道轟道場    (宮崎県日向市)

                     宮崎空港駅から日向市駅まで約60分

                     日向市駅から 1,600m (迎えに行きます。) 


                                         


                                    肉体的な稽古で脱力を求めるのではなく、

                                    心の問題だと悟って、穏やかなままに触れられる。

                                    体力を感じさせている稽古、技巧を必要とする技、

                                    闘争術を稽古するのではない。

               

                  合氣道愛好家が我流を教える。

                  合氣道開祖の精神に沿っているか、目標としているか

                  合氣道の精神をよく探求することが稽古の第一歩である。

                    肉体の技に走る指導は、体力を必要とする。合氣道もどきである。

                    私には、稽古しても、できないのでは?と疑うべきである。   
 

               

                                     手を取ってきた相手が、 自壊作用を起こす。                                                        

                                     「透明人間」になった気持ちを「力を抜くこと」とした場合                                                 

                                     技を利かせようと思った瞬間に、体力が出て、くっきりと姿が現れる。                                              

                                     相手には、見えているので、誤魔化しや言い訳は、できない。                                               

                                     穏やかに立って、心が揺れず、触れられた部分に気をとらわれない。             

                                     このことに確信を持てたとき、初めて合氣道の入り口に立つ。                                              

                

                                     考え考え稽古しないと、形・恰好ばかりで終わってしまいます。

                                      開祖の精神に目を向けないと、技を利かせる我流の稽古になります。

                                     技を利かせる稽古が、闘争心を養成させています。

               

              

                              

                         半年前、何もしていない。半年後も何もしていないでしょう。

                                     何もしなくても年月は、過ぎます。

                                     スポーツの経験は、必要ありません。  

                                     真面目さは、必要になります


                「争うことが目的なら、道場に来る必要はない。」


                             日向で合氣道を稽古しましょう 


                             あなたの合気道観ではなく、

                   「合氣道の精神」を目標に稽古します。


                                「 心は、穏やかに 

                        歩みは、弛まずに 」

                     

             

              

                                     全く力を抜き、力を使わないことから稽古が始まります。

                                     心が柔らかでないと、力は抜けません。

                                     脱力が目的ではありません。

                                     心の問題。心が問題。穏やかな心のまま、身体も揺るがない。

                                     男女を問いません。若い人も70歳からでも十分始められます。  

                               

                                     肉体的な稽古に終始した指導に疑問はありませんか。


                                          合氣道開祖の精神を目標に稽古します。

                            我流の合氣道ではありません。

                          

              

                              

              
                                  東京日本橋

                             


                                                                              

 
                         

     

        

                                           虚往実帰

 

           

                 

 

                                                                                                                                                      
                                  

   

                                                                                               

                                       

                                                                                                                                                                        

                                 

                      日向                                              虚往実帰


                     「争うことが目的なら、道場に来る必要はない。」  


                          「  むすび  」 とは、 「   終わり 。   おしまい。  最後。 

                                 相手と結んで、それから技を効かせるのではない。 

                                         結んだとき、触れたとき。終わっている。

                        
         相手に体力を伝えない。余計な動作は、自分の本心がさせている。          

                                「和合」が合氣道。  

                                    相手と向き合った瞬間に相手を動かそうと思ってしまう。意識せずに。      

                                    体力を頼った自分に気が付くと合氣道が変わります。                                          

                                    技を利かせることを目的にした稽古を見直すこと。  

               

                                                                                        

         


                                    

                                                  熊本会場での合氣道呼吸力研修会


                               力自慢の人に手を捕まれたら、動けません。ねじ伏せられているので、

                               次の技は、出てきません。

                               武道、武道と相手に勝つために闘争心いっぱいの人が、このことを認めないのは、

                               どうしてでしょう。

                           そして、いくら練習を重ねても、出来ない技をあたかも出来るように指導することに疑問を持ちます。

                        体力を感じさせる技は、力のない人には、真似できません。

                       形の稽古をいくら繰り返しても技にはなりません。力自慢には通用しません。

                      このことに目を向けない無頓着さ。

                      合氣道に目を向けて、稽古している訳ではないようです。

        

 

                   「呼吸力」は、技ではありません。

                   「呼吸力」を使って技を掛ける?

                   武道という闘争心を持ったまま、呼吸力に出会う事はありません。       

        

        

                   自分の心が変わらない限り、形の合氣道から

               抜け出ることは、できないでしょう。

               

                                           

                         相手を倒すことが目的ならば、体力のないものには、できない。
                               型の繰り返しではありません。
                               「呼吸力」を探求する道場です。
                               勇ましさは、合氣道勘違いの現れです。

                              自分を変えたい。そんな人が地道に取り組む道場です。
                              合氣道が変えるのではありません。
                              合氣道にどう取り組むのかで、違ってきます。
                              相手を傷つけることが、稽古の成果、目標とする人には、不向きです。
                              闘争のための武道ではありません。
                               
                              関心があるならば、見学してください。
                              あなたと同じような人たちが、決心して入門してきます。
                              「早く始めていればよかった。」と言います。
                              たいした覚悟はいりません。真面目さが必要なだけです。


                              「どうしようか」と迷っている間に年月は過ぎます。
                               何もしてこなかったのならば、この先、何も始めないでしょう。
                               始める前から続かない心配をする必要はありません。 

                             そんな自分を変えるために始めればいい。
                              それは、あなたの目標であり、合氣道の目標は、稽古で実感するでしょう。


                               格闘技としての稽古はしていません。その期待には、添えません。
                               道場で実際に稽古してください。




                                                     

                       合氣道の心を求めて


   
          合氣道の心 呼吸力     

                                             

                                       砂泊秀先生


                              「合氣道から呼吸力を取り去ってしまったら、

            それは相手を倒す闘争術としての柔術にすぎない。」


               

  「  チャンチキおけさ 

呼吸力は、自分が、技を効かせようとする心からは出てこない。
闘争心を持ちながら呼吸力を会得しようなどと指導する側、受ける側。


  
♪ 知らぬ同志が、小皿叩いてチャンチキおけさ・・・

和合が、合氣道。相手を倒すことではない。
合氣道は、闘争のための武道ではない。

 
ガキの頃から「いろは」を習い「は」の字忘れて、「いろ」ばかり。 

                               (昔のテレビドラマの台詞)

「武産合氣」 心が変化しなければ、技は、変わらない。
昔話を大事にしても、「そんなことをやっていたこともありましたね。」

というだけのこと。
ショルダー式携帯電話時代の技。相変わらずの闘争の技を躊躇なく

稽古し指導する。
体力のない者に、体力の技は、稽古しても出来ない。出来もしない技

を出来るかの如く指導する。自覚は、有るや無しや。
                              2015/07/05      
       





               合氣道轟道場 
      
                                                                                                                                                          
            稽古  

                                毎   日  午後 7時 から 午後 8時30分

                   ( 何曜日でも稽古可 )

                                           土 曜 日    午前10時から午前11時30分 

                                                     休     み       日曜日 ・ 祝日 ・ 年末年始 

                                                              お盆 ・ クリスマスイブ

                                                                       
                        宮崎県日向市亀崎2丁目    (  日向市消防本部北側  )
                        電話  0982-52-7574 (  平日午後4時まで       )         

                        Email   
 ewsn@train.ocn.ne.jp
          

                            道場長  轟   隆    ( とどろき たかし   )

                           ( 2004年 ) 平成16年1月11日  合氣道七段允可   
                                                  砂泊
諴秀先生

                       

                                        (2013年)  平成25年 8月11日  合氣道轟道場設立

                                        (2014年)   平成26年 8月11日   合氣道轟道場島原支部設立

                                        (2016年)  平成28年 4月11日  合氣道轟島原道場設立

                                        (2016年)  平成28年 4月11日  合氣道轟有馬道場設立 

                                       (2017年)  平成29年10月11日  合氣道轟長崎道場設立                  

                                                                                                                                                                                                                                                                         
                      
争うことが目的なら道場に来る必要はない。                                                                                                               

                               稽古をしたら、誰でもできるものでなければならない。


                               体力があるからこそできることをあたかも誰でもできるような稽古はしません。                                                                                  


                               体力に頼るものは、闘争術です。闘争のための武道です。

                       
                           
  少年ではなく、主に社会人が稽古しています。          


          相手を倒すことが、目的ではないので、勇ましさはありません。                 


         「合氣道の精神」を目標に、稽古します。


          「合氣道の精神」を技で体現する呼吸力を探求します。


         型の枝葉ではなく、根幹を求めることができる合氣道の道場です。


         相手と結ぶ稽古は、体力や年齢、男女に関わりありません。        

         
         武道経験や闘争心は、全く必要ありません。


               心を振り向く稽古を始めてみませんか。                                                 


            自己啓発を考えている人  ・ ・ ・  怪我の心配はありません。                        


           関節を痛めたり、蹴ったり、力任せの乱暴なことは、ここではありません。                    


                憶えた型や形の数の多さが上達の証ではありません。                                      



                              定年退職より前から始めませんか。                                                                                                                                                                                                                                                                        
                                                     
                                   

                         


   
                      「 従来の武芸の人々が口にする合氣と、私の言う合氣とは、その内容、

                     本質が根本的に異なる。このことを皆さんは よく考えてほしいと願うものである。
                           この道は、相手と腕力、凶器でタタカイ、相手を腕力、凶器で破る術ではなく、
                           世界を和合させ、人類を一元の元に 一家たらしめる道である。 」
                                                                                            
                          合氣道開祖植芝盛平翁先生のお言葉である。




        
                「呼吸力を会得することが合氣道の技の最終目的である。」


                         合氣道の研究・探求をしないままに相手を倒す闘争術を合氣道の中に持ち込み、

                         合氣道でないものを合氣道として、合氣道のことを何も知らない初心者に我流を教え込む。
                         指導する本人が、合氣道を武術、 武道として闘争心を養成指導をする。
                         喧嘩のための闘争術として合氣道を教える。
 

                         合氣道は、何を目標に稽古したらよいのか。
                         そのことは、開祖のお言葉を直接の目標に掲げていれば、誰でも同じ稽古になるはずである。
                         相手を倒す稽古にはならない。

                         自慢の体力を使って、相手を投げることで、技を効かせたと思うことは、勘違いである。
                         そして、自信満々でその破壊の武技を拡散させていく。
                         稽古しない者が、合氣道を語る。開祖のお言葉に耳を傾けない者が指導する稽古を合氣道とは言わない。
                         その内容は、合氣道の名を語る、相手を倒す闘争術である。                              
 
                                                                                                                                                                                   2014年10月4日


                               「 呼吸力の稽古 」の名の下、技を効かせること、相手を倒すことを目標にしている限り、それは、体力である。

                         いくら精神を冗舌に語っても、「言ってること。」と「やってること。」が違うと相手は、思っている。

                         「 相手に体力を出させているのは、自分であること。 」が解るまでは、合氣道ではなく闘争術である。 

                                                                                                                                     2015年4月29日





                              武道経験者は、相手を倒す技巧を語る。

                         「合氣道は、相手を倒すのではない。和合する。」 と開祖が話されている。

                         力を抜く練習は、自身の任せる心に出会うための稽古である。技を効かせる技巧ではない。

                         これは、相手を倒そう、相手に勝とうとするいわゆる武術の気持ちがある間は、出会わない。

                         力すら抜くことができない。その闘争心が、脱力最大の妨げなのであるから。

                         相手を倒すため、自分の技を効かせるための方法として、力を抜いたら技が効くなどと考えて

                     はいけない。真に脱力を実感した者は、そのような言葉を発しない。判っていないから脱力を

                       軽く考えることに対して躊躇しないのである。

                    「合氣道の精神」を目標に稽古していない者の考えである。

                                                                                                                    2014.9.20

                                                                                                                                                                                                              

                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                       
                                                             



                                                                             

本文へスキップ




                                 

                                                                                                                      合氣道開祖 植芝盛平翁   万生館合氣道 砂泊諴秀先生


                   


                                                                     



                          
      


         

 「 会員募集 合氣道を始めませんか 」

合氣道を勧めているのに、「派手なパフォ-マンスをしないと他人は、興味を示さない。」と言われる。
格闘技とは、全く違うことをするのに、興味を引くために、人気のある「格闘技」を利用することで、会
員を増やそうということだろう。
合氣道を全く理解しようとしない者の考えである。少し前に話題になった「メニュー偽装」と似ている。
合氣道の入門は、精神的なことが先にある人ならば、長続きすることが容易であろうが、 「格闘技
をしたい人」が、合氣道にそれを求ることが、そもそも無理なのである。それを違うと言い切れない
勇ましい考え方をする指導者の下では、せっかくの合氣道も相手を倒す目的の普通の人々がいう
武道と同じである。名ばかり合氣道である。
会員数の多さを誇るのではなく、会員個人一人ひとりが、「合氣道の精神」を探求することが大切で
あり、合氣道轟道場は、それを目標にしている。       
                                                                                                                                                                                                                                                            2014/06/20




                真の武道には、敵はありません。
              真の武道とは、愛の働きであります。
              殺す争うことはできなく、すべてを生かし育てる、生成化育の働きであります。
                 愛とはすべての守り本尊であります。愛なくばすべては成り立ちません。
                 合氣の道こそ愛の現れなのであります。
                 今までの武道は、長い年期を入れないと自分になれなかったのですが、
                 私はすぐにも了解し得る道を開いたのであります。
               それだけ今迄の武道と合氣道とは違うのであります。
                                                                                                 
  ( 開祖植芝盛平翁先生 



                                         「 無頓着 」

 
 私の知る武道愛好家が、武道について、「相手に勝たなきゃいけない。勝たなくても、せめて負けなければいい。」と言った。
まさに、武道、武道という、ほとんどの人の武道観を端的に言い現しているように思います。      
 「合氣道は、武道だから」と言って、当然の如くこの武道観を合氣道の稽古に持ち込み指導している。          
 「相手を倒そうとは思っていない。」と体力を頼りに相手を倒す練習に終始して、疑問を持たない。まるで、イジメの構造を連想する。
この自覚の無さ、無頓着を反省し改善して、向上していくことが、合氣道の稽古ではなかろうか。
体的な稽古のみを合氣道として、気持ちのいい汗をかいて、まんぞくしている。
  「合氣道は、武道だから」の呪縛は、自分自身で解くしかない。


                                                                                                          2015/07/18