日向で合氣道             


                                   

                  フェイスブック https://www.facebook.com/profile.php?id=100002679080546

                   問い合わせ・アクセス                  旅行写真                  覚悟

                              砂泊諴秀先生

                      稽古は、毎日

              和合が合氣道  闘争心の養成ではありません。    
   

             第56回合氣道呼吸力研修会

             平成30年3月  

             会場  未定

             

             

           


                               家にいて、することがないお父さん  「合氣道轟道場」を覗いてみませんか!!

              合氣道を始めるきっかけ、最初は、こんなものです。 

              闘争術ではありません。勇ましさを期待しないでください

                                                                                                                  
            稽古  

                                毎   日  午後 7時 から 午後 8時30分

                   ( 何曜日でも稽古可 )

                                           土 曜 日    午前10時から午前11時30分 
                                                     休     み       日曜日 ・ 祝日 ・ 年末年始 

                                                              お盆 ・ クリスマスイブ
                                                                       
                         宮崎県日向市亀崎2丁目    (  日向市消防本部北側  )
                         電話  0982-52-7574 (  平日午後4時まで       )         

                         Email   
 ewsn@train.ocn.ne.jp
                     道場長  轟   隆    ( とどろき たかし   )

                                                                                                                  
             ( 2004年 ) 平成16年1月11日  合氣道七段允可   
                                                                 砂泊
諴秀先生

                       

                                        (2013年)  平成25年 8月11日  合氣道轟道場設立

                                        (2014年)   平成26年 8月11日   合氣道轟道場島原支部設立

                                        (2016年)  平成28年 4月11日  合氣道轟島原道場設立

                                        (2016年)  平成28年 4月11日  合氣道轟有馬道場設立 

                                       (2017年)  平成29年10月11日  合氣道轟長崎道場設立  

                          

                                                               

                                                                   「氣のみわざ」


                         合氣道を稽古するに当たって、力を抜くことは、とても大切なことである。
                          闘争心を無くする精神的努力が、体的脱力の源であること。
                          相手を動かす稽古、止める稽古、技を効かせる技巧を身に付ける稽古を目

                          的とする気持ちがある限り、脱力することはできないこと。
                          稽古は、結ぶこと。任せることが稽古である。闘争術の稽古ではない。
                          このことを確信して、稽古を続けてきた。しかし、これが基本であり、当たり前

                           のこととなると、そのこだわりが無くなることが、これからの稽古になる。
                                                                                                                                                     2018年2月3日(日)        

                                                        
                      
争うことが目的なら道場に来る必要はない。                                                                                                               

                               稽古をしたら、誰でもできるものでなければならない。


                               体力があるからこそできることをあたかも誰でもできるような稽古はしません。                                                                                  


                               体力に頼るものは、闘争術です。闘争のための武道です。

                       
                           
  少年ではなく、主に社会人が稽古しています。          


          相手を倒すことが、目的ではないので、勇ましさはありません。                 


         「合氣道の精神」を目標に、稽古します。


          「合氣道の精神」を技で体現する呼吸力を探求します。


         型の枝葉ではなく、根幹を求めることができる合氣道の道場です。


         相手と結ぶ稽古は、体力や年齢、男女に関わりありません。        

         
         武道経験や闘争心は、全く必要ありません。


               心を振り向く稽古を始めてみませんか。                                                 


            自己啓発を考えている人  ・ ・ ・  怪我の心配はありません。                        


           関節を痛めたり、蹴ったり、力任せの乱暴なことは、ここではありません。                    


                憶えた型や形の数の多さが上達の証ではありません。                                      



                              定年退職より前から始めませんか。                                                                                                                                                                                                                                                                        
                                                     
                                   

                         


   
                      「 従来の武芸の人々が口にする合氣と、私の言う合氣とは、その内容、

                     本質が根本的に異なる。このことを皆さんは よく考えてほしいと願うものである。
                           この道は、相手と腕力、凶器でタタカイ、相手を腕力、凶器で破る術ではなく、
                           世界を和合させ、人類を一元の元に 一家たらしめる道である。 」
                                                                                            
                          合氣道開祖植芝盛平翁先生のお言葉である。




        
                「呼吸力を会得することが合氣道の技の最終目的である。」


                         合氣道の研究・探求をしないままに相手を倒す闘争術を合氣道の中に持ち込み、

                         合氣道でないものを合氣道として、合氣道のことを何も知らない初心者に我流を教え込む。
                         指導する本人が、合氣道を武術、 武道として闘争心を養成指導をする。
                         喧嘩のための闘争術として合氣道を教える。
 

                         合氣道は、何を目標に稽古したらよいのか。
                         そのことは、開祖のお言葉を直接の目標に掲げていれば、誰でも同じ稽古になるはずである。
                         相手を倒す稽古にはならない。

                         自慢の体力を使って、相手を投げることで、技を効かせたと思うことは、勘違いである。
                         そして、自信満々でその破壊の武技を拡散させていく。
                         稽古しない者が、合氣道を語る。開祖のお言葉に耳を傾けない者が指導する稽古を合氣道とは言わない。
                         その内容は、合氣道の名を語る、相手を倒す闘争術である。                              
 
                                                                                                                                                                                   2014年10月4日


                               「 呼吸力の稽古 」の名の下、技を効かせること、相手を倒すことを目標にしている限り、それは、体力である。

                         いくら精神を冗舌に語っても、「言ってること。」と「やってること。」が違うと相手は、思っている。

                         「 相手に体力を出させているのは、自分であること。 」が解るまでは、合氣道ではなく闘争術である。 

                                                                                                                                     2015年4月29日





                              武道経験者は、相手を倒す技巧を語る。

                         「合氣道は、相手を倒すのではない。和合する。」 と開祖が話されている。

                         力を抜く練習は、自身の任せる心に出会うための稽古である。技を効かせる技巧ではない。

                         これは、相手を倒そう、相手に勝とうとするいわゆる武術の気持ちがある間は、出会わない。

                         力すら抜くことができない。その闘争心が、脱力最大の妨げなのであるから。

                         相手を倒すため、自分の技を効かせるための方法として、力を抜いたら技が効くなどと考えて

                     はいけない。真に脱力を実感した者は、そのような言葉を発しない。判っていないから脱力を

                       軽く考えることに対して躊躇しないのである。

                    「合氣道の精神」を目標に稽古していない者の考えである。

                                                                                                                    2014.9.20

                                                                                                                                                                                                              

                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                       
                                                             



                                                                             

本文へスキップ




                                 

                                                                                                                      合氣道開祖 植芝盛平翁   万生館合氣道 砂泊諴秀先生


                   


                                                                     



                          
      


         

 「 会員募集 合氣道を始めませんか 」

合氣道を勧めているのに、「派手なパフォ-マンスをしないと他人は、興味を示さない。」と言われる。
格闘技とは、全く違うことをするのに、興味を引くために、人気のある「格闘技」を利用することで、会
員を増やそうということだろう。
合氣道を全く理解しようとしない者の考えである。少し前に話題になった「メニュー偽装」と似ている。
合氣道の入門は、精神的なことが先にある人ならば、長続きすることが容易であろうが、 「格闘技
をしたい人」が、合氣道にそれを求ることが、そもそも無理なのである。それを違うと言い切れない
勇ましい考え方をする指導者の下では、せっかくの合氣道も相手を倒す目的の普通の人々がいう
武道と同じである。名ばかり合氣道である。
会員数の多さを誇るのではなく、会員個人一人ひとりが、「合氣道の精神」を探求することが大切で
あり、合氣道轟道場は、それを目標にしている。       
                                                                                                                                                                                                                                                            2014/06/20




                真の武道には、敵はありません。
              真の武道とは、愛の働きであります。
              殺す争うことはできなく、すべてを生かし育てる、生成化育の働きであります。
                 愛とはすべての守り本尊であります。愛なくばすべては成り立ちません。
                 合氣の道こそ愛の現れなのであります。
                 今までの武道は、長い年期を入れないと自分になれなかったのですが、
                 私はすぐにも了解し得る道を開いたのであります。
               それだけ今迄の武道と合氣道とは違うのであります。
                                                                                                 
  ( 開祖植芝盛平翁先生 



                                         「 無頓着 」

 
 私の知る武道愛好家が、武道について、「相手に勝たなきゃいけない。勝たなくても、せめて負けなければいい。」と言った。
まさに、武道、武道という、ほとんどの人の武道観を端的に言い現しているように思います。      
 「合氣道は、武道だから」と言って、当然の如くこの武道観を合氣道の稽古に持ち込み指導している。          
 「相手を倒そうとは思っていない。」と体力をたよりに相手を倒す練習に終始して、疑問を持たない。まるで、イジメの構造を連想する。
この自覚の無さ、無頓着を反省し改善して、向上していくことが、合氣道の稽古ではなかろうか。
体的な稽古のみを合氣道として、気持ちのいい汗をかいて、足している。
  「合氣道は、武道だから」の呪縛は、自分自身で解くしかない。


                                                                                                          2015/07/18